一真会の由来

私の師、頭山立國の祖父、頭山満翁がまだ少年だった頃の話し。翁は、竹馬の友を誘って近くの川へと急ぎ向かっていた。

ふんどし一枚になり、友達と川へ飛び込んだが、友達の姿が見当たらない。

ひとまず川岸に戻り、陽の反射できらめく水面を眺めていたその時、目に入ったのは友が溺れている姿。

「しまった。奴は泳げなかったか」

深さはどうとか流れは速いかなど気にするそぶりを見せないのが九州男児。

翁は、急ぎ川に飛び込んで、友の身体を抱きかかえ、川岸に戻ろうとしたが、泳ぎに自信がある翁でもひと一人を抱えて泳ぐには限界がある。

川の流れには、二人を流すに十分な勢いがあった。

このままでは二人とも溺れ死んでしまう。

泳ぎが得意な翁は、自分だけ助かることも出来ただろう。が、卑怯者になるわけにはいかない。人として生まれたからには、自分の魂を自分で貶めるわけにはいかないのだ。翁は、友達を見捨てなかった。

「二人で死ぬしかないか」

もがき苦しみながら、そう思ったその時である。翁の必死さと友に対する誠意が天に伝わったか、川底に向けていっぱいに伸ばした足の先に、岩の手ごたえが感じられたのだ。

「もう少しじゃ!頑張らんか!」

足先に触れた岩を頼りに、丹田に込めた力がもう一方の足を前に出す。

「また岩だ!」

二人は、難を免れた。

その時、頭山翁が悟ったことは、真(まこと)も誠(まこと)も、「一つのまこと」だということ。

誠意をもって、真を尽くす事こそが本当の「まこと」に通じると。

真誠(しんせい)ひとつのまことなり!

将来、日本のみならずアジア諸国や欧米にまでその名を轟かせた、最後のサムライ、頭山満翁の超越性は、「真」の字に、大きな徳の装飾を施したのだった。

 

 

私は、自分の人生を締めくくるくらいの覚悟を以って、行く道を定めることができた時には、会を作り、その名前を師匠から戴こうと心に決めていた。

「正直、日本はもう終わっておりますが、私が終わるまでは私のできることをしたいと存じます。会を作りますので、是非とも命名をお願い致します」

それから数週間、名前の話しには触れられなかったので、私も控えていたのだが、ある日、珍しく「今から会えないか?」と急な呼び出しを受け、本家ご自宅でこの話しをされた。

真誠ひとつのまことなり。

「君の会の名前にしたら良い」

一つのまこと、すなわち一つの真の会。一真会と。

蛇足だが、「真」という字は、私の名前も由来している。

一真会 代表 小倉真司

 

 

一真会の活動

世界最古の国、日本。

世界最古の人類、日本人。

地球が氷に覆われた氷河期でも、日本人は、火山活動により出来上がった温泉にゆっくり浸っていた。

温暖化の影響で水位が上がり、ユーラシア大陸との間にあった大きな湖が海となって日本が孤立してしまった時には、その好奇心ゆえに、十六菊花紋を手に一部の人々は北上し、一部の人々は西方の外の国に旅立った。そして、それぞれの人々は、辿り着いた地において、高度な文明を起こしたり、天文学や数学、建築学を教えたり、宗教の祖となったりして多くの人々を助けてまわったのである。

今、我々日本人の体の中に流れる血、遺伝子は、数万年前に世界中で活躍し、世界中の人々を救った祖先と時空を超えて繋がっている。今でも日本人は、個人的にも国家的にも、世界に渡り様々な技術や知識、知恵、事業を伝えているが、それは元来持った性質であり、超越人群の名残りであり、血統的な、本来の役目なのである。古史古伝には、龍の形をした日本の国土は、五大陸を縮小して組み合わせてできたものと言われているが、考古学的にみても生物学的にみても、日本人の歴史と伝統性は、証明されている。

然るに一方、今の日本の側面には、古代日本人が世界中を回って刻印してきた十六菊花紋の代わりに、変質的なアダルトビデオが拡散されている。

山の神に感謝しつつ火山の周囲に出来た温泉に仲良く浸かっていた古代日本人。しかし今は、限られた富を奪い合い、憎しみ合い、足るを知らずに欲をむき出して他人と無益な落とし合いの競争をしている。

国も、企業も個人も、高齢者の貯蓄が気になり、次々と新しい手法を以ってその資産を引き出そうと必死になっている。

産まれる前の子どもに向かって五体満足かを心配し、産まれれば言うことを聞かないと嘆き、殴り、ほんの瞬間的な性的衝動に負けて不倫をしたり子連れの再婚をして子どもを困らせたり、他人の子どもより少しでも名のある履歴を我が子に与えたいとの見栄で子ども本来の可能性を潰したり、何かあれば対応が出来ずにノイローゼになったり、自殺したりする人々。

消費の拡大を狙ってできた資本主義は、人道的であるべき医療の世界にも入り込んでいる。新しい病名を次々と発明しては治療対象者を増やしているかと思えば、最近はハゲや喫煙者も金ずるにしている。医師による医療費の搾取は新しい病を作りだすだけにとどまらず、血圧の標準値をどんどん下げていったり、毎年毎年、効果が全くないインフルエンザワクチンを売るために秋になるとワクチンが足りなくなるとした嘘を流したり、効果のない、発がん物質である抗がん剤をいつまでも使い続けたりして他人の命を換金している。

きりが無いが、もうすこし。

子どもたちの健全育成に係るべき文科省が、スポーツに博打を取り入れている日本。

一方で命の大切さを説いているが、一方では大量のペットを殺処分している行政。

他人の不幸や性生活を覗き見ることが一番ウケるからといって有名人のシモの事ばかりを追いかけるマスコミ。コンビニには堂々とエロ雑誌が並べられており、若い女性の30人に一人の割合で、何らかの風俗関係の仕事を体験したことがあるという。

日本は、終わったのだ。

 

而して私は、幼児期から、不安やストレス、恐怖や、無意味な苦労、様々なリスクを背負って生きてきた。老後の心配などないが、この、最弱で、卑しく、支配的な国家権力のもと、間違った政策に乗っかって、本来進むべき方向とは全く違う方向へとどんどん進むこの国の有様をみていると、今までが苦労の連続だったがために、日本の、暗い将来に感じる無益さと、空しい気持ちで心がいっぱいになってしまうのだ。他の、一般的な国民と同じく、騙されたままの方が、楽に暮らせただろうと思うときもある。かしかし、これも何かの図らいなのか、頭山の本家に仕え、普通では会えない色々な人と出会って話しを聞き、心情を聞いてきた私の沿革が、私に何かを指令している気がするのである。

私は、人間が体験出来得るほとんどすべてのことを経験してきたと思う。

なので今、死んでも構わないし、否、もしかしたら死んでしまいたいくらいの気持ちがどこかにあるのかもしれない。

つまらないのだ。

刺激が無さすぎる。

がしかし、今の子どもたちの未来や、万国共通の問題となっている経済、医療、食糧、環境、紛争などの問題に対峙し、下腹に力を込めてみると、もう少し戦いを続けなければならないのではないかとの気持ちが沸き上がり、いくつもの大きな山を越えてきて疲れ切ったはずの心と体に電気が流れるような感じがするのである。これは、八百万の日本の神々が、「万国共通の諸問題を解決に導く糸口は、日本にある」ということを「知っている」私に対し、「逃げるな!」と叱咤しているのだろう。日本が、率先して子供たちの未来を良くする方向に舵を切れば、同時に、世界中が抱えている諸問題の解決にも繋がるのだ。もちろん、その舵を切るためには、命を懸けなければならないのだろうが。死ぬのはそれからだと、誰かが心の中で囁くのだ。よって、もう少しだけ、ジタバタしてやろうと思った次第である。

そこでまず、未来を良くするために必要なこととして、

  1.  人々に興味を持ってもらうこと。
  2.  現状に於ける本当の事を多くの人々が知ること。
  3.  個々に自立し、勇気と、強い精神性を持つこと。
  4.  いくつかの法律を変えること。
  5.  民主主義と、それに付随する資本主義の方向性を正すこと。
  6.  人々が助け合うこと。
  7.  固定観念に気づき、常識を疑う思考をもつこと。
  8.  学校教育に頼らず、知るべき知性を子供に伝えること。
  9.  諦めないこと。
  10.  たくさんの人の支持を受けること。

が挙げられる。

一真会は、その目的に向かうべく活動を行うが、

  1.  物事を正しく広く人に伝えるには、多くの人と対面する必要がある。
  2.  勉強会を開催しても、費用がかかるとなると人が集まらない。
  3.  活動の規模に比例して資金が必要になる。
  4.  しかし、営利事業にはしたくない。
  5.  スポンサーに命令されたくない。(私は頭山立國の側近である)
  6.  胡散臭いと思われる。
  7.  っていうか、そもそも私が怖がられる。
  8.  ヤクザじゃね?って思われる(爆)。
  9.  調子に乗ると、遊び始める。
  10.  そもそも頭がついていけるかどうか・・・。

とした問題が浮かび上がる。よって、

  1.  インターネットとアナログな勉強会とをコラボする。
  2.  会費は徴収しない。
  3.  会員は募集する。そして、会員にメールを受信してもらう。
  4.  会員の利益に繋がるような、インターネットの事業を取り入れる。
  5.  会員の他に協力者を集う。
  6.  政治団体やNPO法人を設立し、会の法的な立場を固める。
  7.  自分が立つのではなく、良い人、頑張っている人を応援する。
  8.  前髪をおろす。
  9.  酒を控える。
  10.  諦めるときは諦める・・・。

とした対応策を駆使しつつ

  1.  選挙区割りした地域で勉強会を開催する。
  2.  勉強会のおよその内容はあらかじめ提示する。
  3.  会員制サイトを公開し、会員を募る。
  4.  人々の相談相手などになれるような支部を設立する。
  5.  現職か否かに関わらず本目的に同意する議員や候補者に協力する。
  6.  一真会の、民意を議員に直接伝えるシステムの使用を議員に促す。
  7.  議員の政策、思想、志を明確化してもらい開示し共有する。
  8.  選挙時には、一真会が支持すると決めた議員を応援する。
  9.  一真会の趣旨を理解した立候補者を見つけ、議員選挙に立候補する。
  10.  超党派の政治連盟を設立する。
  11.  ちゃんとした人たちの邪魔にならないように気を付ける。

といった活動を行うこととする。

尚、活動の詳細は後述する。

 

PROJECT-ISM

小選挙区を単位として開催する勉強会、およびインターネットによる啓蒙活動を称して「PROJECT・ISM」と致します。

PROJECT・ISM オフィシャルサイトはこちら

開催地域には、その地域専用のポータルサイトを制作し、本PROJECTに関する情報を発信しますが、コンテンツの一つとして、その選挙区から選出された議員の動向や落選した議員に関する情報、志のある人の紹介などをまとめて発信いたします。

各地域ごとに公開するポータルサイトは、立候補者を支援するばかりでなく、PROJECT .ISM他、会員の情報ブログなど様々なコンテンツを掲載します。

その地域住民の気概を耕せば、世の中に対する興味が奮起し、人々は、複利的に主権者としての立場を固めるに違いないと思います。

また、これらの知識や情報は、日本人が忘れてしまった日本、および日本人に関する大切な事柄です。次世代に伝えなければならないとした責務もありますが、次世代のためにはまず我々が日本人としての自覚を固めなければならない、とした考え方にも対応するべく編纂しました。

 

 

 

真民主政治議員連盟(仮)

日本人の場合大半が知的訓練を受けているが、リーダーシップが欠けていたり判断力が乏しい人間を選挙で選んでしまうと、その愚かさゆえに互いに譲り合い(互譲)や合意形成ができず、政策が停滞してしまったり、有権者の誰も望んでいない、誰も喜ばない、愚かな政策が実行されたりしてしまう。

また、有権者の半数程度しか投票しない現在の選挙における投票の動機を鑑みるに、利益誘導に扇動されたか、地縁・血縁、他人に頼まれたからとした心理的同調によるか、刹那的ポピュリズムや見せかけの正しさ、見せかけの大義、メディアへの露出度や知名度、候補者の雰囲気といった事柄に誘引されるために、政策を実現する能力に乏しく、議会では単に対立議員の足を引っぱるしか能のない議員を多数排出することとなる。このことを衆愚政治というが、今日の政治にみる、無責任な、帳尻合わせ的な政治が国を支配してしまう原因もそこにあるのだ。権力という、あらゆるものを手に入れることが出来てしまう力を与える相手を間違えてはいけない。

ウィンストン・チャーチルは、独裁政治への魅力を戒め、「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」と述べたが、民主主義とは、単に、国の支配者をその国の構成員つまり国民から選ぶとしただけの制度、思想であり、よって、支配者に対し、支配者たるべき能力に疑念が生じた場合には、国民は即座に考えを改め、次なる支配者を求めるべく思慮しなければならないのだ。よりにもよって、世襲、地縁、縁故、利害、知名度などを誘因条件にしても、適正なる支配者は現れない。

一真会では、社会主義への新しい試みも含め、既存の政体、政策、組織や法を破壊してでも国民の受益者たるべき立場を正常化させ得る力を発揮できる参政権者を発掘、あるいは支持、支援するべく、一真会のあらゆる活動を以って力添えしたいと思っている。

而してその意思を形にするべく、真民主政治議員連盟とした、超党派の結束チームを作り、あわよくば将来的には政党化するべく、活動を行う。

公式ホームページ 議員立候補者支援プログラム

 

 

一真会市議会議員連盟(仮)

国の悪政に立ち向かえる市政を提案するべく活動する市議会議員、もしくは市議会議員選挙に出馬を検討している方を支援します。

公式ホームページ 議員立候補者支援プログラム

主たる特徴は、一真会が望む条例を議会に提案、施行に向かうべく努力することを約束できる方の応援となります。

条例案(の一例)

ペットの殺処分を廃止する条例。

  • ペットの販売業者は、購入者と誓約書を交わす。
  • ペットを購入した者がそのペットを処分する場合、購入金額以上の違約金を行政に支払う。
  • 行政は、殺処分せず、施設内にて飼育の継続を行うことと、新規の買主公募に予算を充てる。

上記の条例は、一真会が市政に対して望む一案件です。

市政にあった条約作りを市民も交えて共に検討したいと存じます。

会員に対しては、下記の形式による応援を致します。

  • 当該地域で勉強会(心を強くしろ中学生!等)を開催する際、一真会が提案する条例に賛同してくれる議員、もしくは候補者の紹介を致します。
  • 選挙活動を応援いたします。
  • その他、協議いたしましょう。

 

 

国民の声を聴く政治家へ

長きに渡り世襲議員が党首脳部で采配を振るってきた自民党による政治は、世襲議員が持つ国民との距離感覚をも同時に受け継いできたのか、今や、独断、独裁、民意乖離、権力集中、三権癒着状態といった、悪しき結束によるスパイラル状態に陥っている。言わば、民主主義的手続きを経て成立した独裁政権とでも表現するべきか。而して大企業や医師会などの大票田でも並行して世襲が行われていることで、国内の政財界に風通しが悪くなり、本来、生命体のように活発に動くべき国の中枢機関が凝固してしまっている。まるで、惰性と先送りをエネルギーにして斜面を転がる石のように。

本来ならば、ここに新風を取り入れて空気清浄すべきなのだが、多分、日本中の有権者が思っている通り、野党のシロウト感覚に国政はとても任せられない。

更に、日本の政治は、表で国民に国会という演劇を鑑賞させておきつつ、その裏側で、本当の権力者、支配者らが国を動かすとした二重構造をもっているため、国民は、常に、何が本当なのか分からない状況に陥ったままハズれてばかりいる専門家の予想に振り回される仕組みになっている。

法で縛られ、租税搾取のみを巧妙に続けられているのに声を上げない日本国民。この国民性は、お人好し教育の弊害といえるだろうが、お人好し教育は、実は人為的に作られたものであり、家畜を肥やすには最高のエサである。ロシア革命時、赤ロシアの指導者は「豚どもには共産主義を与えておけ。そうすればすぐに従順になる」と言い放ったが、共産主義を持ち出さなくても、自分から頭を下げて支配下環境にすり寄るのが日本人の民度である。世界で一番テレビを見る国民。世界一マスコミを信じる国民だからこそ、今の国柄があるのだろう。

そのようなことを踏まえて、一真会では、市町村、都議、県議そして国会議員を目指す被選挙権者に対し、市民国民の意思や意見がタイムリーに議員に伝わる仕組みをもったツールを利用していただき、それを使って常に民意と疎通することを条件に、私どもが、選挙区域での勉強会などで通じ合った地元民に直接的かつ間接的に政策や信念をお伝えさせていただくとした運動を計画している。勉強会へのご案内資料は、全世帯に向けたポスティング、またはPPC広告にて宣伝するので、あまねくに知れ渡ることとなり、そこから誘引された市民は、一真会が運営するウェブサイトや勉強会を通じて本物の政治家を見定めることになるのである。

選挙区地域では、子供でも、インターネットに繋がるだけで議員に意志や意思を伝えることが出来るようになる。

一真会は、その間に入って民意を理解し、責任をもって議員に伝えたり、地域向けに制作するウェブサイトにその内容を掲載するので、議員側の労力はそれ程かからないであろう。議員は、政治家としての仕事に没頭するべきだ。而して、そのような形で議員活動を報告し、あるいは民意にこたえる議員とした冠を持てば、真が伝わり、強い候補者にも勝てる選挙を行えることになるだろう。

議員は、支配者であるが、成り立ちからすれば民意に支えられた支配者なのである。選挙に於ける生命線を断つのも、無名の被選挙人を政界に送るのも、民意、すなわち支配者を選ぶ立場にある全ての人の意志に係るのだ。自分に期待してくれる有権者の割合を増やすには、徹底した誠意が必要だが、常に監視されていれば、弛緩した志も引き締まり、真の誠意を悟るだろう。

 

 

会員について

一真会は、上述した被選挙権者との関わりの他、政策勉強会や、一般市民向けの通常の勉強会を開催したりしますが、それぞれ参加される方は会員として登録させていただきます。

また、共にこの活動を推進していただける仲間も会員として募集いたします。

会員の種類と会費

  • PROJECT・ISM会員     無料(それぞれのコンテンツから会員登録してください)
  • 一真会会員についてはこちらをクリック

※ 何らかの選挙に出ようとお考えの方は議員立候補支援プロジェクトから登録してください。

 

 

お問い合わせ

会員になって下さる方。検討していただける方。

まずはお問い合わせください。

お話ししましょう。